オリオン写真日記

野鳥、花、星、化石、旅・・・写真で綴る日々、思い出

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

花の写真5

つぼみ 

 35年前のレンズを使って撮ったバラのつぼみです。55mmF1.8開放で撮影しました。やわらかなボケ味が気に入ってます。ピント、絞り、シャッタースピードすべて手動なので何枚も撮らないといい写真が撮れませんが、デジカメなら枚数を気にせず撮れるのでうれしいです。
 松阪ベルファームで撮影した写真の続きを掲載します。これらはデジカメの標準ズーム、望遠ズームで撮影しています。

花45 花46 
花48   花50
 花51 花52 
 花54 花55
花56 花57 


スポンサーサイト
| コメント:0 | トラックバック:0 |

実のなる木

夏みかん 
あまなつ

 裏庭に実のなる木があります。甘夏、キウイ、桃、すもも、柿、金柑、ブルーベリー。写真の甘夏は何年も前に妻が半額だったとかで苗を買ってきて植えたもので、植えっぱなしの苗を母が世話をしてくれて、今ではたわわに実を付けます。甘夏とは名ばかりの酸っぱさで、どんな植物でも同じですが一気に実を付けるので、処理に困ります。毎日、2,3個ずつ熟せはいいのに。

金柑
キンカン 

キウイ2
キウイ

ブルーベリー2
ブルーベリー


樹木 | コメント:0 | トラックバック:0 |

釣り

つり

 釣りも趣味の一つです。尾鷲に10年近く住んでいたこともあり、毎週のように行った時期もありました。数年前から息子(中一、HNエリンギ)とたまに行っていましたが(釣り紀行参照)、最近はエリンギも部活動があり、私も仕事で疲れて釣りに行く気力もなく、2年ぶりの釣行となりました。今回は次女のきのこ(高1)も一緒です。
 何回か行ったことのある五ヶ所浦です。ここは地元のおじさんたちがギャラリーとして何人もやってくるところで、2年ぶりにもかかわらず、われわれのことを覚えていてくれていました。地元の人が快く迎えてくれるのでまた行きたくなります。

つり2

 潮時も見ずに行ったので、10時過ぎに着いたときには干潮、人もまばらで、ほとんど釣れていなかったのですが、昼過ぎには40人近い釣り人が集まりました。車横付けで釣れるので楽ちんなのです。
 足元でうるめいわしが入れ食いになり、投げのサビキ釣りではアジもそこそこ釣れて満足しました。きのこは釣れ過ぎて飽きてしまいましたが。

あじ
見よう見まねで刺身にしてみました

 3時過ぎにはエサなしでも釣れるようになったのですが、雨も降り出したので4時ごろ帰りました。釣った後はきれいに掃除し、自分たちの出した以外のゴミも持ち帰りました。やさしくしてくれる地元の人のためにも心がけています。
 15~18cmのアジが28匹、12~15cmのうるめいわしが200匹超でした。他の釣り人からもらった手のひらサイズのグレも含めて、家に帰ってから小一時間かけてさばきました。グレは小さいながらもさしみ、アジは頭と内臓を取って、10匹だけ刺身にしました。後は妻(HNえるふ)がたたきにしてくれます。いわしも頭と内臓を取って、半分は骨も取ってつみれに、残りの半分は骨ごと生姜煮にしています。


釣り | コメント:0 | トラックバック:0 |

宇宙人

IMGP0986.jpg

  星野写真を撮影していたら100mほど先の駐車場に止まったトラックからのライトで、不思議な影ができたのでパチリ。
 子どもの頃の夢は天文学者でした。その頃読んだ本によると
銀河系には2千億個の太陽のような星があり、そんな銀河が宇宙にはさらに2千億個あるといいます。砂浜で砂を手にすくってみるとその砂の数がおおよそ一晩に見える星の数。宇宙には地球上のすべての砂粒の数ほどの星があるといわれています。太陽は銀河系の少し端の方にあり、大きさも年齢も平均的な星です。宇宙にはそれだけの星があるのに平凡な太陽にだけ、地球のような生命が存在する惑星があるとは考えられません。むしろ宇宙には生命があふれていると考えるほうが自然です。人間のような、あるいは人間以上の高度な文明が、地球以外にも数多く存在することは間違いないと思います。
 一方、宇宙の誕生は百数十億年前、地球の誕生は46億年前と考えられています。地球の歴史を1週間と換算すると人間の歴史はわずか1秒あまりということになるともいわれています。
 宇宙はあまりに広く、星の数はあまりに多く、歴史はあまりに長いのです。宇宙には人間のような生命は必ず存在すると思います。しかし、宇宙の歴史に比べ、人間の歴史は短すぎる。今この瞬間に宇宙人が存在する確立はかなり低くなります。同じ瞬間に存在したとしても、広い宇宙の中で遭遇する確立はもっと低くなります。
 人間がこれからどれだけ文明社会を維持することができるかで宇宙人に会える確率が変わってきます。人間の歴史が長くなれば、地球外の文明人の存在期間も長いだろうと想像できるからです。なぜなら、地球は宇宙の中では平凡な星、太陽の周りを回る、平凡な惑星なのですから。  


| コメント:0 | トラックバック:0 |

なすの花

ナスの花
ナスの花 

なす  
ナス

 父親がいろいろな野菜を栽培しています。ジャガイモ、玉葱、スイカ、ナス・・・。今はシシトウのシーズンのようです。
 写真のナスは葉っぱの虫食い状況からわかるように無農薬です。ナスもきれいではありませんが、安心して食べられます。
 子どもの頃は野菜は嫌いでした。でも不思議なもので年をとってくると好きになってきます。ナスはしょうが焼きが好きです。


| コメント:0 | トラックバック:0 |

花の写真4

 松阪ベルファームで撮影した写真第4弾です。
 ベルファームにはイングリッシュガーデンというのがあり、バラ中心に栽培されています。開園当時は有料で、以前に訪れたとき、目の前で係員に不満をぶつけている人を見て、入るのを止めました。今は無料です。
 大きな池の周りの遊歩道もあり、中国の公園を感じさせる風景で気に入っています。 

花34 

花35 

花36 

 花38

 花39

花40 

花41 

花42 

花43 

花44 


| コメント:0 | トラックバック:0 |

古いレンズ

hana3.jpg  

 今回購入したカメラはペンタックスのK200Dです。各社の入門機の中では一番重く、キャノンやニコンのように人気もあまりありません。なぜ購入したかというと、現行機種なのにダブルズームレンズキットで6万ちょっとと格安だったこともありますが、一番の理由は35年ほど前に購入した銀塩カメラ(ペンタックスSPF)のレンズを使ってみたかったからです。
 そのレンズを使って花のクローズアップ写真を撮ってみました。ただカメラと連動しないので、レンズの絞り、シャッタースピードも手動です。当然ピントも手動です。つまりすべて手動設定です。35年前のレンズということもあり、多少のくもりやカビがあるせいかもしれませんが、やわらかい写りになっています。露出不足のせいかもしれません。

hana4.jpg 

hana5.jpg 

 M42と呼ばれる規格のねじ込み式のレンズで、各社からいろんなレンズが出ており、数年前に購入したものを含め、4本持っています。左からPENTAX SMCタクマー 55mm F1.8、135mmF3.5、200mmF4、SIGMA39mm-80mmF3.5です。

レンズ


| コメント:0 | トラックバック:0 |

山梨旅行記2

甲府 
「今にも空が泣き出しそうな」

 山梨へのOB会&撮影旅行2日目。もしや、と期待していた天気もやはりだめ。雨が降っていないのがせめてもの救い。しかし写真撮影旅行が、大学やら下宿やら、部活でよく利用した陸上競技場やら・・・、ノスタルジーな感傷旅行にかわってしまいました。
 いつか紅葉のシーズンに来るための下見に昇仙峡へ寄りました。あと一月して紅葉の季節を迎えたらすごい人出になることでしょう。

昇仙峡
花は記念写真用です
 

昇仙峡5
奇岩がたくさんあります 

昇仙峡2
渓流では多くの人が釣りしていました 

茶屋
ここの店の人は小鳥の餌付けをしていました 

犬
まだ観光客も少なく・・・

 この後、降り出した雨の中をひたすら我が家へ帰るのですが、富士宮焼きそばにつづき、伊那のローメンがどんなものなのか食べたくなり、高遠経由で伊那市に入ったのですが、ここでも店を探せず、放浪の末、これも名物のソースカツ丼で我慢することにしました。

カツ丼

  午後2時を過ぎていたので準備中の店が多く、たまたま開いていた小さな店に入ったのですが、すごいボリューム。写真ではわかりにくいですが、小鉢だけでもかなりの量、カツは厚さ2センチ近くありました。車の運転ばかりであまりお腹がすいていなかったのですが、店のおばさんの「かぼちゃは食べられる?」「味噌汁のきのこは今朝とってきたんだよ」などの言葉にきれいに完食しました。900円です。
 雨が激しく降ったり、やんだりする中、153号線と伊勢湾岸道を通って、9時過ぎに帰宅しました。土産はもちろんブドウです。農協の直売所で家庭用の安いのを何種類か購入したので、家族で味比べとなりました。

ぶどう
左からタノレッド、巨峰、甲斐路、ピオーネ、?です。
一房250円程度です。

きのこ
きのこも買いました。きのこに詳しい次女(HNきのこ)によると
「ヤマイグチ」ではないかということです。きのこ汁となりました。

というわけで、天候に恵まれず、写真も少ししか撮らないまま、旅は終わりました。 


旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

山梨旅行記1

 大学時代の研究室のOB会に出席するため、20日の朝5時半に家を出ました。一般道ばかりで行く予定でしたが、途中四日市で車が混み出したため、伊勢湾岸道だけ高速を走りました。

煙突 

 静岡県内の国道一号線はバイパスが多く快適に走行できました。途中きれいな雲が出ていたので、信号待ちで撮影しました。

雲1

雲2
Windowsの壁紙みたいです

  浜松のあたりまではいい天気で、富士山をはじめいい写真が撮れるのを楽しみにしていました。ところが静岡市に近づくにつれ、怪しい天候になってきました。怪しいのは天候だけでなく、それまで快適だった道も渋滞となりました。パトカーが渋滞を掻き分け進んでいった後は、30分以上まったく動かない状態となってしまいました。その間に家に電話をし、娘にインターネットのライブカメラで富士山の様子を見るようにいうと、雲でほとんど見えないということです。台風一過の秋晴れはどこへ。渋滞の原因は事故ではなく、事件だったようで、一台のワゴン車を10人ほどの警察官が取り囲んでいました。
 富士山が見えないのであればということで、学生時代に何度か通った国道52号を走りかけましたが、最近よく紹介されている「
富士宮焼きそば」を食べてみたくなり、引き返して富士市を経由して富士宮市に入りました。お目当ての富士宮焼きそばはなかなか見つからず、やっとの思いで小さな店を見つけました。麺はシコシコですごい腰があり、今までに食べたことのない食感でしたが、味は普通の焼きそばでした。もちろん店により味は違うでしょうが・・・。
 そのまま富士山見物の名所、朝霧高原をとおり本栖湖まで行きましたが、結局富士山の姿はまったく見えず、今にも雨が降り出しそうな天候となってきました。時間があるので今まで通ったことのない道で身延方面へ向かいました。途中で見つけた「
六郷の里つむぎの湯」へ寄りました。400円と安く、受付の人の対応も気持ちよくて、お勧めです。
 甲府市に入り、武田神社や大学を回って駅前のホテルに着きました。
 OB会では久しぶりにアカデミックな話も聞けて、楽しいひと時を過ごすことができましたが、もうひとつの目的であった写真撮影はさっぱりで、「写真で綴る旅日記」にしたかったのに残念です。

武田神社
武田神社から見下ろす甲府市街 

灯篭 

甲府駅前
夜の甲府駅前


旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

星空

いて座 

 2日遅れで台風一過の秋晴れとなりました。星空もきれいだったので、久しぶりに子どもたちと「あれがカシオペア、こちらは白鳥座・・・」と夜空を眺めながら、デジカメで写真を試し撮りしてみたら面白い写真が撮れました。標準ズーム18-55mmの18mmで感度を1600に上げて絞り開放F3.5で30秒写したところ、雲や地上は夕暮れのように、しかも天の川も鮮明に撮れました。天の川は射手座付近ですので銀河の中心部分です。中央の明るい星は木星です。木星の拡大撮影は準備と根性がいるのでまた今度。

夏の大三角

 同様に天頂付近の夏の大三角形を撮りました。はくちょう座を線で表そうと思いましたが、星が写りすぎてわからなくなってしまいました。

アンドロメダ

 わずかにアンドロメダ星雲も写りました。東の空低くて、肉眼では確認できませんでしたが、電柱や木々と一緒に淡い星雲が写るのも不思議です。カメラはただ瞬間を記録するだけでなく、肉眼では見えない別世界も写してくれます。

カシオペア

 カシオペアは今日届いたマウントアダプタを使って、35年前のレンズ(SMCタクマー55mmF1.8開放)で撮ってみました。使いこなすのはまだまだ先になりそうです。


| コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。